プロアクティブのおすすめQ&A!


にきびのおすすめQ&A


にきび治療のおすすめQ&A


サイト運営者情報について


ニキビ跡とクレーター

ニキビになってしまった結果、その色素の沈着により赤みや黒ずみが定着してしまったものをニキビ跡と言います。
また、ニキビの原因であるアクネ菌が皮下組織や周辺にまで炎症を引き起こした結果、肌表面がでこぼこになってしまうことをクレーター言います。
治療できた後でもこのような跡が残ってしまうのは大変イヤなものです。

白ニキビ・黒ニキビは皮脂詰まりですから、早期治療で跡を残すこと無く治療できますが、赤ニキビや黄ニキビまでなってしまった場合にニキビ跡やクレーターができる(皮下組織にダメージがある)ため治療が厳しくなります。
ニキビ自体は改善できても、ニキビ跡やクレーターの治療は困難なので、赤ニキビや黄ニキビになる前の対処が重要です。


ニキビ跡の対処法

肌に色素が定着することが原因で、日差しによるシミ、そばかすと同じ理由です。そのため、肌の新陳代謝を活性化することが、ニキビ跡解消に近づく手段です。
ビタミンCの摂取は抗酸化作用とメラニン色素を阻害する効果がありますので、ニキビ跡を目立たなくする事ができます。
ただ、ビタミンCは他の食事や喫煙で破壊されやすいものです。ストレスによっても減少してしまうので、生活スタイルに大きく左右されます。
睡眠や食事などの生活習慣を見直すことも重要ですが、時間がかかる事を考えると、気長に取り組む覚悟が必要です。
やはり黄ニキビ・赤ニキビになる前に対処しましょう。


クレーターの対処法

治療は簡単ではないですが、皮膚を構成するタンパク質を生成し、肌を構成し直す方法があります。
ただ、クリニックなどでエラスチン・コラーゲンの注入やレーザー治療を行うため、時間とお金がかかります。
(コラーゲン:皮膚・骨・軟骨などを形成するタンパク質)
(エラスチン:組織に柔軟性を与える物質、皮膚・骨・軟骨などを形成するタンパク質)

ニキビ跡と同様、赤ニキビや黄ニキビになる前の対処が最前と言えます。