プロアクティブのおすすめQ&A!


にきびのおすすめQ&A


にきび治療のおすすめQ&A


サイト運営者情報について


ニキビの原因

肌には無数の毛穴がありますが、その毛穴が皮脂で詰まる事がニキビの原因となります。通常毛穴の脂は毛穴がひらいているので、空気中に放出されて詰まる事はないのですが、古い角質や汚れによって毛穴がふさがれてしまい、毛穴が詰まってしまいます。
体調不良で新陳代謝が不十分だったり、洗顔が十分でないと、古い角質が残ってしまい さらに堅くなてしまうので皮脂が詰まる原因になります。
これを放置しておくと、アクネ菌が過剰に繁殖する温床となってしまい、ニキビになってしまうのです。
皮脂の過剰分泌や新陳代謝の不良はさまざまな原因でおこりますが、原因を解消し、ニキビの起こらない肌をつくる為にいくつかの要因を以下に挙げます。


食生活

脂分を多くとらないように気をつけます。とても実感し易い事ですが、天ぷらなどを多く食べると、食後 顔がつやつやしてきます。皮脂の過剰分泌ですので注意しましょう。


睡眠不足

ニキビに限らず体調不良を起こす要因の一つですので、皆さん心がけているとおもいますが、ニキビに関しては、皮膚は寝ている間に作られると言われていて、特に夜の就寝時間帯にはホルモンの分泌が活発になるため新陳代謝に大きく影響します。肌の疲れを取る為にも十分な睡眠が必要です。


ストレス

ストレスはホルモンの分泌や体の抵抗力に大きく作用します。強いストレスが続くと代謝機能に影響し皮膚に悪影響を及ぼします。


便秘

腸の働きが弱くなると、便が排出されなくなり、有害物質が生まれます。
有害物質が体内を巡り、体が毛穴から排出しようとする際に皮脂と混ざり、ニキビの原因となります。


喫煙

喫煙をすると血管の収縮による血行不良や活性酸素の発生が起こります。また活性酸素の発生を防ぐビタミンCまで破壊してしまうため、肌に悪影響を及ぼします。


アクネ菌

人間の肌を外部の刺激から護る為に必要な菌ですが、増えすぎると炎症を引き起こします。毛穴の皮脂が過剰に分泌されるとその温床になります。