プロアクティブのおすすめQ&A!


にきびのおすすめQ&A


にきび治療のおすすめQ&A


サイト運営者情報について


生活習慣の改善

ニキビの原因は新陳代謝の不良や、余剰皮脂の分泌ですが、日常生活のなかに原因を引き起こす要因があります。予防・治療を行うために生活習慣を改善しましょう。
以下に生活習慣の要因と改善方法を挙げます。


食生活

食生活において脂分の多いものを食べる事で皮脂の過剰分泌を招きます。ナッツやチョコレート等、脂分・糖分が多いものは警戒しなければなりません。もちろん適量であれば問題は無いのですが、脂質は言うまでもなく、糖分が多く接種される事で血行が悪くなり、新陳代謝に影響します。
新陳代謝が悪くなれば肌の古い角質が残り毛穴を塞ぐ原因になります。
ナッツやアーモンドは一見そうは見えませんが脂質を多く含んでいます。一般的には植物性脂肪であり不飽和脂肪酸で「身体に良い油」とされていますが、ニキビ対策では要注意です。

また、ビタミンを多く接種することも重要です。
ビタミンCは美白効果があることで有名ですが、体内において抗酸化作用があるため、老化を防止し肌を若々しく保ちます。さらに皮脂の過剰分泌や肌の炎症を抑える効果があります。
ビタミンB群も重要で、B6は肌の免疫力を高め、B2は脂質・炭水化物の代謝に作用します。
B6を多く含む食べ物(レバー、豆類、穀類、いわし、さば、卵、鶏肉 etc.)
B2を多く含む食べ物(レバー、牛乳、ほうれん草、さば、干し椎茸、わかめ etc.)
他に肌によい栄養素として、ビタミンA、E、亜鉛があります。A、EはビタミンCと同じく抗酸化作用があります。亜鉛はビタミンCの吸収を助けます。



睡眠

睡眠時に肌は代謝を繰り返し、肌の機能を回復させます。特に夜の就寝時間帯にホルモンの分泌が活性化し、肌機能を改善しますので、睡眠不足は避けましょう。



喫煙

喫煙をするとビタミンCが破壊されます。またタバコのニコチンには血管収縮作用もあるため、肌の老化につながります。過剰な喫煙はニキビケアの妨げになるので避けるようにしましょう。できることなら健康を考え、禁煙することがお勧めです。